TOP

           
 
       
       
   
大きさ
1.25×0.78×2.20(m)
重量
約200kg
動作部
エアシリンダーによる駆動
制御部
関節動作ユニット
腕-9対
頭-3個
目-2個
電飾操作ユニット
電源部,頭部に電球1個
空気消費量
1750l/h(リットル毎時)
操作部
Flashを使った自作インターフェイス、Wiiリモコンでの操作が可能
関節自由度
頭:
左右後 8通り
目:
開閉 4通り
足(片足):
関節部 3箇所
各関節 エアシリンダー3個 512通り
合計:
8,388,608通り
 
 

IKABOの腕は複数の関節によって 多彩な動きを実現する事に成功しました。

足1本に3つの関節、さらに1つの関節に3つのエアシリンダーを搭載する事で 足1本につき512通りの動作の実現を可能としました。
足2本が駆動しますので、合わせて約25万通りの動作をする事ができます。
この多様性から様々なポーズの設定ができます。

 
 

IKABOを操作する際、どのような人でも簡単に操作できるように操作ツールを制作しました。

現在リモコン式とタッチパネル式の2つが採用されていますが、両方とも簡単な方法でIKABOを動かす事ができます。
リモコン式とは、両手にリモコンを持ち、操作者が腕を動かすとその動きに対応してIKABOの足が動作するというものです。
操作者の動きに合わせるので自由な動作をさせる事ができます。

タッチパネル式とはタッチパッド機能を搭載したパソコンの画面上で、操作者がボタンを押すとIKABOが動作するというものです。
こちらは元々プログラムされている様々な動作をさせる事ができます。
これにより、複雑な動きやユニークな動きをさせる事ができます。

IKABOは更に新たな機能を追加を予定しています。

・対話
対話ソフトウェアを使用する事で、
IKABOへ対話機能を追加する予定です。

・カメラ
IKABO視点から見て、操作者の動きを模倣するため、
カメラから操作者をトレースする機能を現在作成中です。

 
 
Copyright (C) 2013 IKABO-Project