TOP

           
 
 
イカ踊りについて

イカ踊り誕生は1981年
毎年8月に開催される函館最大のお祭り「はこだて港まつり」を、
もっと自分達の楽しめるお祭りにしよう!と
函館市内の飲食店で集う仲間達の酒飲み話がきっかけとなり誕生しました。

お酒の酔いも手伝ってか、イカをモチーフにしたコミカルな振り付けが完成し
この年の港まつりには20名で参加しお披露目を行ないましたが、
正調踊りの中では周囲の視線も冷たく反応は今一歩でした。

しかしリズミカルで覚えやすい振り付けと音楽で
1986年には、いか踊りがレコード化されこれを境に市民権を確立して行きました。
そして今では、函館を象徴する踊りとなったのです。

イカ踊りの踊り方
         
@函館名物イカ踊り
 
「パパンがパン」と手拍子 ×2

Aいか刺し

両腕を上に伸ばしきる

B塩から

おねんねポーズでかわいく縮まりこむ

Cいかソーメン

右手を上げて 左手を下げて 右側にケンケン

Dもひとつおまけに

「パパンがパン」と手拍子 ×1

Eいかポッポ

両手で大きくイカの頭(三角)を作って三回飛び跳ねる

Fイカイカイカ

イカというごとに上体を上げていく

Gイカ踊り

バンザイをしつつ、片足で飛び跳ねる

             
 
 
Copyright (C) 2012 IKABO-Project