TOP

       
 
  
   

ロボットフェス・インはこだて市民の会

ロボット開発に全面的に協力していただいております。
函館の市民の方々や、多くの企業で構成されています。

 
ご挨拶
 

このたび、函館市の活性化と、生き生きとした街づくりをめざす第一歩として、観光用ロボット「巨大イカロボット」の製作と「はこだて港まつり」での運行というユニークなアイデア実現のために、「ロボットフェス・インはこだて」市民の会を、多くの方々のご賛同に支えられ、立ち上げました。イカロボットは、はこだて未来大学の松原教授を中心に、未来大学と函館高専を軸として、先端技術の粋を集め製作に当たります。

 そして、この運動はイカロボットの製作にとどまらず、全国のロボットに参加を呼びかけて、世界一楽しい「ロボットフェスティバル」につなげ、函館をロボット情報の集積・発信基地に育てることを目標といたします。
 さらにはロボット製作技術を産業に役立てるべく、国際水産・海洋都市函館のために、水産(加工)業への導入を図りつつ、産業としての発展に貢献していきたいと考えました。

ロボットなどの最先端技術はの開発は至難のことですが、開発された技術をどのように組み合わせ活用するかは、アイディア次第であり、身近に多くの可能性を秘めています。

 函館市は、多くの市民が地域を支え、産学官民が一体となって発展してきた歴史を持っています。「はこだて未来大学」や「函館高専」などを軸に、さらに は、「北海道大学水産学部」や「函館大学」の協力のもとに、地域の人材や最先端技術、情報が一丸となり更に集積して行くことが地域経済発展にとって重要な 要点であります。一人ひとりの市民が地域の発展にどのように関わっていけるか、そうした観点からの支援活動を活発に展開し、多くの成果物がもたらされるよ うに頑張りたいと考えております。

ロボットフェス・インはこだて市民の会 会長 藤井方雄

 
 
 
 
Copyright (C) 2013 IKABO-Project